新年度に向けて

平素より当水泳連盟にご理解、ご支援を賜り厚くお礼申し上げます。お蔭様で37年目を迎えることが出来ました。

さて、昨今の異常気象により体がついていかないというお声をよく耳にしますが、水泳を行う事によって得られる健康効果は想像よりはるかに高いのです。水のマッサージ効果で体の免疫力が強化され、血液の循環が促進、心肺機能が向上します。またストレスの解消にもなります。

今年度も楽しく水泳と関わって頂きたく、様々なカリキュラムをご用意して皆さまのご参加をお待ちしております。 その一つに従来の水泳教室(幼児、小学生、一般、ウォーキングクラス)に併せて、教室生の皆様にワンポイントアドバイスが受けられ復習が出来るフリーコース(有料)を新設しました。

  その他、新宿区からの受託事業であるハンディキャップスイムデー、ぜん息児水泳教室への指導員派遣、ならびに区民水泳大会には、ご協力と運営をさせて頂き、また当連盟の主幹・主催事業で小学生水泳記録会を開催、マスターズ水泳大会参加、都民体育大会選手派遣、小学校への指導員派遣(夏季)、水泳指導員養成や区民を対象とした健康づくりに関する講習会等、様々な水泳活動を通して区民のみなさまの健康維持促進にお役に立てるよう指導員一同一丸となって邁進して参る所存です。

今年度後期(10月~3月)の教室は、新宿コズミックセンタープール改修工事の計画に伴い休講と致します。

教室生の皆々様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力を賜わりますよう宜しくお願い申し上げます。

尚 平成30年度の教室につきましては、平成30年1月25日号の区報にてお知らせいたします。

 

新宿区水泳連盟 会長  池田裕子

 

こども水泳教室

新宿区水泳連盟 会長  池田 祐子

 


新宿区水泳連盟の概要・沿革

  • 1980年【昭和55年】新宿区水泳連盟を設立
  • 同年10月 新宿区体育協会に加盟団体として活動始まる。
  • 1984年(昭和59年)新宿スポーツセンター完成を機に、水泳の普及と技術の向上を目的とした水泳教室を開催。新宿区水泳連盟として活動が本格化。
  • 1992年【平成4年】10月コズミックセンターが落成。活動拠点をスポーツセンターから、コズミックセンターへ移す。

現在、幼児・小学生から成人クラス・シニアクラス・水中ウオーキングクラスと、さまざまな水泳教室を新宿区水泳連盟主催で開催するとともに、新宿未来創造財団からの委託によるハンディキャップスイム教室やレガス水泳クラブなどの水泳指導も行っています。また1996年(平成8年)からは、新宿区小学生水泳記録会(東京都学童水泳大会)を毎年企画から運営まで全て新宿区水泳連盟が主体で行っています。
また都民大会、マスターズ大会等に参加し、競技選手の養成などにも力を注いでいます。
財団の協力を得ながら、区民の皆様のニーズにお応えできる様な教室等の事業を展開しています。


新宿水連指導者

新宿区水泳連盟 指導員




水泳教室ビデオ観覧